173 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:15:46 ID:PO8RdImI0
( ´_ゝ`)

(´<_` )

∬*´_ゝ`)

l从・∀・*ノ!リ人

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「あの、弟者」

(´<_` )「なんだ兄者」

( ´_ゝ`)「今日の夕飯は……」

(´<_` )「見ての通りだ」

∬*´_ゝ`)「メインは麻婆豆腐ね」

l从・∀・*ノ!リ人「おいしそうなのじゃ!」

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「うん、すごい美味しそうだ」

(´<_` )「どうした?兄者も好きだろう、麻婆豆腐」

( ´_ゝ`)「うん、確かに大好きだよ麻婆豆腐。特に弟者の作る麻婆豆腐は絶品だ」

(´<_` )「よせよ。こんなもん他所と大して変わらん」

174 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:16:39 ID:PO8RdImI0
∬*´_ゝ`)「あら、そんなことないわよ。弟者の作る麻婆豆腐は格別だわ」

l从・∀・*ノ!リ人「ちっちゃい兄者は中華料理が得意じゃが、その中でも麻婆豆腐は特に美味しいのじゃ!」

(´<_` )「ふふ、ありがとう」

( ´_ゝ`)「うん、俺も弟者が作ってくれた麻婆豆腐を食べてから他所じゃ満足しなくなった」

( ´_ゝ`)「それくらい大好物なんだ」

(´<_` *)「……やめろって、照れるだろ」

( ´_ゝ`)「いやうん、事実なんだ。確かに弟者の麻婆豆腐は美味い」

( ´_ゝ`)「が」

(´<_`*)「?」

∬*´_ゝ`)「?」

l从・∀・*ノ!リ人「?」

( ´_ゝ`)「俺さ」

( ´_ゝ`)「口内炎できてるんだよね……」

(´<_` )

∬´_ゝ`)

l从・∀・ノ!リ人




( ´_ゝ`)痛美味しい麻婆豆腐のようです

175 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:18:18 ID:PO8RdImI0
∬´_ゝ`)l从・∀・ノ!リ人「いただきまー……」

( ´_ゝ`)「まってまって超待って、結構深刻な問題だからスルーしないでお箸置いて」

(´<_` )「出来れば熱いうちに食べてもらいたいんだが……」

( ´_ゝ`)「そう!それ!」

( ´_ゝ`)「お前の麻婆豆腐!アッツアツなのをハフハフしながら食べると超美味いんだよ!!なのに口内炎のせいで!!それが出来ないんだよ!!」

l从・∀・ノ!リ人「わかるのじゃ」

∬´_ゝ`)「えっあんたこのまま待たせる気?みんなのお腹がぺっこぺこで食卓に中華料理がズラリと並んでてしかも麻婆豆腐の湯気と香りが漂ってるこの状況で待たせる気なの?」

(;´_ゝ`)「うるせぇ!俺だって食べたいよ!ただでさえ昼飯食いっぱぐれたから腹減ってるし!」

(;´_ゝ`)「でも!でもさ!!」

(;´_ゝ`)「なんでよりによって!!口内炎が出来たタイミングで!!俺の大好物の中華なんだよ!!」

(´<_` )「俺の献立は兄者の口内状況に適応してるわけじゃないから……」

(;´_ゝ`)「そうだけどさ!!そうじゃないだろ!!」

176 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:19:04 ID:PO8RdImI0
l从・∀・ノ!リ人「まぁまぁおっきい兄者。仕方ないのじゃ」モグモグ

∬´_ゝ`)「そうよ。諦めなさい」パクパク

(;´_ゝ`)「仕方ないけどさ!仕方ないのは分かってるけど……っておい!二人とも先食うなよ!」

∬´_ゝ`)「あーもう無理麻婆豆腐たまらん。ご飯めっちゃ進む」バクバク

(´<_` )「あ、春巻き用のカラシはこっちな」

l从・∀・*ノ!リ人「わーい」モグモグ

(;´_ゝ`)「無視しないで!ああもう俺だって食べたいのに!!」

(´<_` )「麻婆豆腐以外食べれば良いだろ。他にも色々あるし」

( ´_ゝ`)「唐揚げ、春巻き、餃子……」

(;´_ゝ`)「硬いじゃん!すっげぇ美味いけど全部硬いじゃん!!」

(´<_` )「その硬さが良いんだろ……」バリバリッ

(;´_ゝ`)「あああああああやめろおおおおおこれ見よがしにバリバリと春巻きを食べるのをやめろおおおおおお!!!」

177 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:19:58 ID:PO8RdImI0
(´<_` )「まぁまぁ、取り敢えず食べてみろよ。案外平気かもしれないぞ?」

(;´_ゝ`)「ぐ……」

l从・∀・ノ!リ人「そうじゃそうじゃー。早く食べないと妹者達で全部食べちゃうのじゃー」モグモグ

∬´_ゝ`)「ご飯おかわりー」

(´<_` )「はいはい。大盛り?」

∬´_ゝ`)「もちろん」

(´<_` )「太……らないよなぁ姉者は」ホラヨ

∬´_ゝ`)「もちろん」バクバク

(;´_ゝ`)「うぅ……」

(;´_ゝ`)「……」

178 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:21:16 ID:PO8RdImI0
ざわ…ざわ…


ぐつ…ぐつ…


兄者、逡巡
レンゲに掬った麻婆豆腐は、毒々しいほどの赤、赤、赤……!
そして白……崩れてしまった豆腐の断面から見えるは、輝かしいほどの純白……!!
それだけではない……上から振りかけられた山椒も、絶妙な加減……!!
ただの一つでも、欠けていては成立しない……
これぞ究極……!究極の麻婆豆腐……!!

香りだけで脳がやられてしまうと錯覚するほどの強烈さ……!
レンゲを顔に近づけると、それがより一層感じられる……!!
顔いっぱいに湯気を浴びると、眼を開けていることすら困難になる……
突き刺すような刺激……!!
極悪……此の麻婆豆腐、まさに極悪そのもの……!!


(;´_ゝ`)「……えぇい!」パクッ


そして兄者、覚悟する
並大抵の覚悟ではない……!
後に来ると分かっている痛みを堪えてでも、味わいたいという執念……!
食に対する、飽くなき執念……!!
この執念こそが、兄者の覚悟の決め手……!!

179 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:23:10 ID:PO8RdImI0
(  _ゝ )「……!!!」

先ず感じるは、熱
灼熱……まるで灼熱地獄……!
口内が爛れるのではないかと錯覚するほどの、圧倒的存在感……!

豆腐が口の中で崩れていく度に、新たなる熱が口内を侵していく
口触りの良い絹豆腐が、どんどんと奥へ奥へと流れ込んで行こうとする
それは今の兄者には、拷問というより他無かった……!

兄者、ここで自らの選択を後悔
だが時既に遅し……
一度口に含んだものは、決して外には出られない……!

(; _ゝ )「〜〜〜〜〜!!」

そして数瞬後、豆腐の熱さに慣れてきた舌
そこで徐々に感じるは、痛み……圧倒的痛み……!!
味覚よりも先に痛覚を刺激する……まるで突撃兵……!
唐辛子の効いた刺激、口内をこれでもかというほどに蹂躙
堪えることなど、出来ない……!

(; _ゝ )「ッ〜〜〜〜〜!!?」

兄者、思わず口を開きかける
想像を絶する波状攻撃に、なす術もなく膝から崩れ落ちそうになる……

(; _ゝ )「ッッ〜〜〜〜〜……」

だがしかし、これを堪える
強靭な精神力で何とか堪える……!
涙を浮かべながらも、兄者は堪え切ったのだ……!
なんという精神力……!!

(* _ゝ )「…………ッ!!」

そして訪れるは、第一の至福
寸前までの攻撃的な刺激は、この旨味への伏線……!
唐辛子が強烈にも旨味を送り出してくる……!
この味は、辛さ控えめなどという甘ったれた麻婆豆腐には決して出せない……!


兄者、思わず涙……
だが、この涙は先程とは全く意味が異なる
感涙……圧倒的感涙……!!

180 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:24:53 ID:PO8RdImI0
(; _ゝ )「…………!!」


だが、至福も束の間。襲いかかってくるは「山椒」……!!

唐辛子の辛さという壁を越えたところの兄者の舌には、あまりにも難敵……!
じわじわと締め付けるように責め上げていく……
その様はまるで毒蛇……!ジワジワといたぶっていく……!

先程までの刺激だけで根を上げそうだった兄者には、攻略不可能とさえ思われた


(  _ゝ )「…………」


しかし、兄者は堪え切った……!堪え切ってみせたのだ……!!
何故あれほどの難敵からの攻撃を凌げたのか、兄者には理由がある


それはこの後に控えている「快楽」の味を知っているから……!!

181 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:26:58 ID:PO8RdImI0
(* _ゝ )「…………ッ!!!!」


ゆっくり、ゆっくりと、だが確実に広がっていく「旨味」……!
ただ辛いだけではない。じっとりと滲み出てくるような、山椒本来の旨さが口の中を占拠する……!

そして息をするたびに、鼻を通り抜けていくこの刺激的な香り
山椒特有の刺すような刺激は、今の兄者にはもはや心地良い
快楽そのものであった……

この山椒、一度食べたら辞めることは困難
鋼の精神を持った者でも、困難なのだ……!
まるで麻薬……!食した者を麻婆豆腐の中毒の海へと突き落とす、麻薬そのもの……!!


(* _ゝ )「……!……!」ハフッハフッ


兄者も例外では無かった
つい数秒前に味わった後悔なんぞ何処へやらといった様子で、ひたすら掻き込んでいく……!

その行動が、自らの身に破滅をもたらすとわかっていても……
自分の意思で、食べることをやめるのは不可能……!


これが魔力……!弟者の麻婆豆腐の魔力……!!
抗うことなく、ただひたすら欲望の海に飛び込むのだ……!!



―――――
―――


182 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:27:43 ID:PO8RdImI0
( ´_ゝ`)

∬´_ゝ`)「「ごちそうさまでしたー!」」l从・∀・ノ!リ人

(´<_` )「はいはい、綺麗に食べてくれてありがとう」

( ´_ゝ`)

(´<_` )「……口が腫れて痛いので喋りたくない、と」

(( ´_ゝ`))コクリ

(´<_` )「あんな勢い良く食べるからだ、全く……」

l从・∀・ノ!リ人「まぁまぁ。おっきい兄者もそれだけ美味しかったということじゃろう」

(( ´_ゝ`))コクコク

∬´_ゝ`)「ふふ。良かったわね、弟者」

(´<_`*)「……ふん」

183 名前:名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 20:29:17 ID:PO8RdImI0
(´<_`*)「そ、それよりこれ」コト

( ´_ゝ`)「?」

∬´_ゝ`)「あら……これは……」

l从・∀・*ノ!リ人「杏仁豆腐なのじゃ!!」

(´<_` )「デザートだ。これでも食べて、口を冷やすと良い」

(*´_ゝ`)「!!」

真っ先に、飛び掛かるようにスプーンを構える兄者
そしてそれを見て苦笑いしながら、姉者達もスプーンを持つ


「「「「いただきまーす!」」」」

「あっだめまだ痛い……」






( ´_ゝ`)痛美味しい麻婆豆腐のようです

おわり


戻る




inserted by FC2 system